起業するに当たって知っておきたい税のこと

起業前に最低限知っておきたい税金のこと

起業の際の税金のこと

サラリーマンから起業していざ個人事業主として働き始めると、税金関係はわからないことが多くでてきます。 会社員時代には自分で計算などしなかったので仕方ないですね。 個人事業主としては、わからないでは困ります。 税金の種類にはどのようなものがあるのか、整理しておきましょう。

おすすめリンク

岩松勇人の成功までの失敗

実業家として成功した岩松勇人ですが、彼も失敗を経験しています。どのように乗り越えたのでしょうか?

岩松勇人に師匠?西野隆

西野隆はよく岩松勇人と名前がでますが、西野隆が岩松勇人に与えた影響とそのすごさとは?

防火設備検査の手続きについて

防火設備検査を受けるのが義務らしいんだけど…検査の申し込み、報告書の書き方、提出先、手続き一覧。

煙突チェックで安全な建物に

正しい煙突設置されていますか?万が一の火災で被害を大きくしないためにも!煙突設置のルール。

個人事業主が支払う税金

サラリーマン生活にさよならをし、夢の起業をする…
一国一城の主になって会社をおこしたい…

そうしたとき、どうしても避けては通れないのが税金です。
なんらかの商売をして利益を得たら、国や自治体にお金を納めなくてはなりません。国民の三大義務の一つ、納税です。
義務となっていますので、計算が必要となってきます。

サラリーマンをやっていた場合、税金は給料から天引きで会社が全部計算してくれています。ですので、税金の知識はなくても生活には困りませんね。ですが、起業となると話は別です。

事業計画はきっちりたてられても、税金はちょっと…
面倒だから税理士にまかせようかな…、と考える人もいるでしょう。
実際、細かい計算は税理士任せで構わないかもしれません。
とはいえ、税金について基礎的なことは、知っておいて損はありません。
損はない…どころか、知らないともしかしたら損をしてしまうかもしれません。

起業前となると、法人として起業するか個人事業主として起業するかの選択を考えますが、課税される税金の額は選択肢に大きな影響を与えるものではないでしょうか。

また、経営するにあたってはコストとして税金も考えておかねばあとあと大変かもしれません。思わぬ課税で経営を圧迫したり、支払い忘れで追徴課税を受けたりと、知識があれば避けれた失敗も起こしかねません。

このサイトでは、おおまかな税金の種類と節税について、個人事業主と法人の場合とでわけてまとめてみました。

法人を設立したときの税金

個人事業主とはまた違った、法人設立の際にやるべき税関係の流れがあります。設立したはいいものの、提出書類がたくさんあって税務関係はどうなるのか、最初は迷ってしまいますね。 開業時にどうするのか、法人税の種類や納付時期など、おおまかなものをチェックしましょう。

知っておくべき税金控除

色んな税金の支払いに追われているとわからなくなりそうですが、控除を受けられるか否かはとても大切なことです。 自分の経営に照らし合わせた税金の控除を受けると大きな節税となります。 税金は払わなくてはいけないものですが、払わなくていいものは把握しておきたいですね。