起業するに当たって知っておきたい税のこと

起業前に最低限知っておきたい税金のこと

>

起業の際の税金のこと

個人事業主が納める国税

個人事業主として起業する場合、開業時にはお金はかかりません。
まず個人事業主としてメインとなる税金が、所得税です。
収入から経費を引いた1年間の所得に関してかかるものです。
3月15日までに支払うことになります。確定申告というものですね。
課税所得から控除分を引いた分に税率をかけて算出します。
税率は所得額によって変動します。

もう一つは消費税です。
消費税には地方消費税も含まれています。
物を買うときやサービスの利用に消費税がかかりますが、事業者がお金をいったん預かり、国や自治体に支払いを行います。
ただし、課税対象売り上げが1000万円以下の事業者は免税されます。
所得税と同じく1年間で計算し、3月31日までに支払いを行います。

個人事業主が納める地方税

よく知られているのが、住民税です。
個人事業主は自分で支払いを行います。
税の申告は、確定申告をしていれば必要ありません。
市区町村が確定申告をもとに計算をし、個人に通達されます。
住民税は均等割と所得割の2種類があります。
均等割は文字通り所得額に関係なく全員に課せられるものです。一律の料金となっていますが、自治体によって金額は変わります。
所得割は課税所得から控除額を引いたものに税率をかけて算出されます。自治体によって税率は異なります。年4回に分けて支払うので注意が必要です。

もうひとつは個人事業税です。
所得税と似た性質のもので、事業を行って得た所得にかかる税です。
確定申告していればこちらも申告不要です。
税率は事業によって異なってきます。
また、290万円の控除がつきます。
8月と11月の年2回に支払います。


この記事をシェアする